読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クズと天才は紙一重

不定期更新です。主に日々の活動記録( ・ㅂ・)و ̑̑

ゲーム理論

昔から、すごくゲーム理論が好きなので、紹介していこうかなと思います。

 

ゲーム理論とは

「ある特定の状況下において、お互いに影響を与え合う複数の主体の間で生じる戦略的な相互関係」「相互依存性の状況下での合理的意思決定や合理的配分方法」

について考えるための数学理論と言われています。

 

まあ、正直こう説明されても意味がわかりませんが、

簡単にいうと

「競争相手の行動を考え、自分が一番得する方法を合理的に決める」

と言った感じですかね。

相手も自分と同じように得をしたいと考えていて、

その行動を予測しながら、自分が得する行動を考えます。

なので、

ゲーム理論は相手の意思決定や行動を数理的に研究する学問です。

 

ゲーム理論には基本要素が3つあります。

1、プレイヤー

・自分の利潤が最大になるように行動する

・合理的にものを考え自分が損する行動を取らない

・勘違いや思い違いをしない

前提条件としてプレイヤーは、この基本的原理で行動します。

また、プレイヤーは、1対1の時もあれば、

企業対企業のようなケースも存在します。

2、戦略

プレイヤーが目的達成のためにどのような行動をするかという

行動予定のことです。

3、利得

プレイヤーの利益のことです。

利得はゲームによって違います。

 

また、ゲームにも種類があり

・同時手番ゲーム

相手と同時に行動を取るゲーム。

・逐次手番ゲーム

プレイヤーが順番に行動を取ることができるゲーム。

・非協力ゲーム

プレイヤー同士の協力、連携がないゲーム。

・協力ゲーム

複数のプレイヤーによる交渉、連携が可能であるゲーム。

・完全情報ゲーム

相手のとった行動や現在の行動が全て明らかになっているゲーム。

・非完全情報ゲーム

他のプレイヤーが行動するときに、

それまでの相手の行動や選択肢がわからないゲーム。

・定和ゲーム

プレイヤーの利潤の和が常に一定値となるゲーム。

・非定和ゲーム

プレイヤーの利潤の和が常に一定にならないゲーム。

細かくするともっとあったりするんですけど、大きく分けてこんな感じです。

 

ゲーム理論だと、有名なのは囚人のジレンマとかですかね、

少しずつ、ゲーム理論のことを書いていこうと思うので

いずれ触れることになると思います。